経営者を育てる経営者が日々思うこと

画期的な独立支援制度で夢見る経営者を応援する社長が1000人の経営者を育て世に輩出します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブログお引越し。

ブログを引っ越しました。

http://ameblo.jp/yoshikawa-makoto/day-20090529.html

アメブロです。

広報的にという理由だそうです。

宜しくお願いします。

スポンサーサイト
  1. 2009/06/02(火) 13:49:45|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コンセプト

昨日は三軒茶屋の博多屋台横丁で、業態のプロデューサーである山本さんと打ち合わせ。

もう1件近くでお店出店する方向になってきたので、そのお店も業態をお願いする事にした。

山本さんは現在390店舗以上ある、扇やという焼き鳥チェーンの創業者で、その後やきとん紅とん、

唐とんなどのヒットチェーンを立ち上げられ、最近ではHYの安田さんのお店のプロデュースも

しておられる。

中州に直営店で中州屋台横丁という繁盛店を経営され、今回その業態を元にプロデュースを

お願いした。

三軒茶屋の新店舗はどんなコンセプトになるのか?

元々焼き鳥チェーンの経営者なので、焼き鳥への想いは強い。

基本冷凍の串は使わず、生の素材を串打ちして出すというスタイルに拘ってこられた。

今回もその本格派の焼き鳥をベースにした業態になるのか?

来月オープン予定です。

安田さんのお店の筑前屋敷も好調なようで、コンセプトは本当に上手だと思う。

僕らも創業より自社で業態開発をする事もあったけど、やはり素晴らしいプロデューサーと一緒

させて頂いたほうが完成度は高く、勉強になる。

業態やコンセプトはお客様やマーケットに打ち出し、分かりやすく、来店動機を掘り起こす。

本当に難しい仕事だと痛感する。

本日のいいお店です。

そんな山本社長の超繁盛店である、神谷町唐とん。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130704/13078287/dtlrvwlst/909403/

25坪で日曜休み、それでも月商1000万は越える。

本物のやきとん、焼き鳥に拘るお店。

半端なくいいお店です。



  1. 2009/05/22(金) 15:04:45|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お見送り。

飲食店で、お出迎え、お見送りをしっかりやるお店はいいお店。

これは僕の中ではトイレが綺麗なお店はいいお店と同等の価値観。

何故か?

人はほぼファーストインプレッション(第一印象)は会った5秒以内に決まる。

これは科学的に証明されている事実。

という事は?

好きか?

嫌いか?

を最初の5秒で判断してしまうという事。

で。

僕らはサービス業。

好かれる事が仕事みたいなモノ。

お店に行って。

最初の5秒以内に。

笑顔で、丁寧に、やさしくお出迎えされたら。。。。

それだけでそのお店やスタッフさんの印象がよくなる。

人間の感覚というのはいい加減で。

最初にいい印象を持ったら。

その後にミスがあっても。

クレームになりにくい。

翻って。

お見送り。

良いお店のスタッフさんは。

お店を出て。

見えなくなるまで。

頭を下げている。

そういうのって。

感動しません?

最後がよければ、全てよし。

そういう言葉もありますが。

最後のそういう印象深い事をされると。

これまた人間は印象に刻まれる。

本気でお客様を愛していると。

そういう事は自然に出来たりする。

それだけで心が通った気がする。

そういうお店があります。

恵比寿のシンガポール料理店。

http://gourmet.livedoor.com/restaurant/24031/

味もさる事ながら。

それがしっかり出来ているお店。

いいお店だね~。

僕らのお店でもそれを徹底したい。

ていうか、出来ない理由なんてないし。

僕は経営者として、そういうお店がやりたい。

いいお店だねって言われる事。

その事に否定的なお店って。

存在価値はあるの?

はなはだ疑問です。
  1. 2009/05/20(水) 12:47:14|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

追い込まれて。

僕の経験上、人は追い込まれないと本気を出さない。

夏休みの宿題ではないけど・・・・。

甘さは弱さにつながる。

安定は失敗につながる。

そう思っている。

ワイズの構造改革は今の全力でやっているけど。

これほどの組織と人になってしまえば。

もう僕一人の本気さではどうしようもない。

創業の時はやはりメンバー全員が本気だった。

なんとかしようとという気概を持っていた。

当然現状認識⇒改善も大切だけど。

それだけでは組織は変わらない。

なので、あえてギリギリのところでやってみようと思う。

人はギリギリの時に本性を出す。

本気に乗り越える人財か?

それともやってふりをしている人財か?

僕は乗り越える人財とだけやりたい。

食うために働く会社なんて一杯あるでしょう?

何故に弊社でなきゃならないのか?

なぜうちのお店でないといけないのか?

組織は仲間。

苦しい時にこそ、信頼出来る仲間が必要。

そんなモノもなくて、成長なんて出来ない。

という事で、かなり苦しい状況に追い込みます(笑)。

お楽しみに。

でも必ず残ってくれるメンバーとともに、素晴らしい未来を創る事を約束する。

命をかけた戦い。

いいじゃないですか。

それでこそ人生。

仕事ではなく人生そのものを生きているんですから。

という事で、話しは変わり。

僕のお勧めの飲食店。

http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/drink/wnews/20090430gr04.htm

朝どりの鳥を使用した、焼き鳥と、全日本ソムリエチャンピオンの阿部さんが立ち上げたお店。

焼き鳥『ぷーさん』(くまではありません笑)。

ぷーさんとはフランス語で『ひよこ』だそうです。

客単価5000円で、ワイン1本と美味しい焼き鳥が楽しめるお店。

ワインは当然阿部さんセレクトなので、すべるはずもありません(笑)。

六本木ヒルズのテレ朝通りを入ったところの1階。

素晴らしいお店です。

  1. 2009/05/20(水) 12:32:15|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変化。

変化しないといけんな~と最近特に思います。

目指した結果が出ないという事は、仮説が間違っているか?

それとも仮説を立てる前段階での、現状認識が間違ってるか?

そのどちらかだと思う。

たまに施策が間違ってる場合もあるけど・・・・。

取り急ぎ現状のまま走って、結果が変わる事などない。

なんとな~く、走って。

なんとな~く、成果が出たら、皆そうしているでしょう?

でも人間変化が怖い。

その怖い理由は・・・・。

ほとんどが、今までの自分を否定される事が怖いのだと思う。

プライドってヤツですか。。。。

あとは、何もなく穏便に過ぎれば、それにこした事はないっていう、ぶらさがり根性か。

どちらにせよ、どちらも僕は大嫌いだと。

結局日本経済もソフトランディングは時間を引き延ばして、結果悪くなっただけ。

結局は血を流してでも変化出来るかどうか?

そこがポイントだと。

僕自身多分様々なしがらみや、プライドもあると思う。

自分自身を変化させる。

それが出来なきゃ沈むだけ。

ここからかなりドラスティックにやります。

所詮中小企業のオヤジですから。

経営者というよりは、結果を出してからの話しだなと思う。
  1. 2009/05/18(月) 14:03:30|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。