経営者を育てる経営者が日々思うこと

画期的な独立支援制度で夢見る経営者を応援する社長が1000人の経営者を育て世に輩出します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

達成

達成会に昨日は出てました。
渋谷のお店があと少しで達成という状況だったので、支援も兼ねて。
目標は目的ではないけど、マイルストーンではある。

目的のために日々目標を設定し、夢に日付をいれていく。
そのステップの繰り返しこそ、成長だと思う。
達成する事は成功体験であり、自信と自分の可能性に気づくチャンス。

今回の達成は僕としては非常に嬉しいものだった。
前の店長が優秀な店長で、その店長が抜けたあとにその店長が育てた次の店長が達成したから。

その前の店長も昨日きていて、一緒に達成を祝ったけど、自分たちが抜けたあとも店長が店が成長し続ける事は本当に素晴らしい事だと思う。
自分が自分がという人はいるけど、本当に凄い人は自分がいなくとも、全てが成長し続け、解決出来ていくチームとリーダーを作る事だと思う。

僕も早くいなくても会社が、店が、人が継続的に成長し続ける仕組みを構築したい。
僕らが出きる必要はない。
僕らのDNAを理解し、それを伝え、人を育てていく。
そのスパイラルこそが最高のチーム状態だ。

自分が出きると思っているリーダーは2流だと思う。
自分が出きる事を、周りに出きるように指導し、成長させ、自分が抜けてもその想いを伝え続けるチーム。
そういうチームを皆で目指したい。

今回の達成は売上げの達成が嬉しかったんじゃない。
僕らのチームでそういう一歩が踏み出せた事が嬉しかった。
確実に人は育ってきているし、確実に1歩づつ前進している。
僕らのやりたい事に確実に近づいている事が本当に嬉しかった。

この成功事例と想いを皆にも知ってもらいたいし、それを共有して、成長していきたい。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/31(月) 14:20:41|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

幹部会

今日は直営部門の幹部会をしました。
僕の会社の5年後、10年後、20年後のビジョンを基に、現状把握と、今後の体制を話し合いをした。

会社のビジョンと個人のビジョンがずれるとなかなか120%の推進力が出ずらい為、まずは僕のビジョンを一番理解してくれている幹部3名に自分を語って貰い、そのずれがないか?あれば解決する手段はないか?
というところから話し合った。

飲食店でも繁盛店には繁盛店の空気があり、その空気が濃ければ濃いほどその店のパワーがお客様へ伝わる。こういうお店はいいお店だと思う。
会社も同じで、会社の方向性と、自分も夢を併せて考えられる人間が増えれば増えるほど企業としてのパフォーマンスと人材育成は進むと思う。

僕の会社はあくまで企業家を輩出する事が理念であるから、僕が指示と役割を決めるのではなく、主体的に動けるように会議も持っていく。
全員が当事者でなければ、意見も出ないし、ぶら下がりが増える。

まずは目的を設定し、その目的に全員が参加するという意思決定が重要。
その上で、現状認識⇒ギャップ⇒課題⇒課題解決の手法⇒役割⇒納期設定と落とし込みをしていく。
その為には当事者意識と、コミュニケーションを深める事が前提だと思う。

今回思ったのはこのプロセスが今まできちんと踏めていなかった現状に気づいた。
僕がするのはあくまでも経営だから、このルール決めをしなければいけない。

今回また別会社が子会社で1社加わる見込みだけど、やはりグループとしての目的と、その役割、当事者意識を植え付けていく事をしないと、ばらばらになってしまし、現場が混乱すると思う。

拡大戦略はいいけど、きっちり絵を書ききって実行していかなければならないと強く感じる。
幹部会でも全体の方向性をどう現場に落とし込みをしていくか?
やはり僕らが強いリーダーになり、たくさんのリーダーを育成していく事でしか解決出来ないという結論に達した。

まずは自分たちが主体的に・肯定的に行動、発言し、周りを当事者に巻き込めているか?というところからやっていく必要性があると思う。
  1. 2005/10/30(日) 20:12:41|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マーケット

上場について考える。
僕も前職・前々職と公開企業で働いていて、公開企業のメリット・デメリットがあると思う。

僕の会社も子会社で1社公開させる戦略を持っているけど、マーケットに出るのは手段であって、大義名分が必要だと思う。
公開するのは手段であって、公開して達成する目的が必要。

お客様のためとか、従業員のためとかで公開した会社も見てきたけど、中々その目的は達成出来ていない会社が多い。
株式公開とは会社を公の器にする事で、ステークホルダー【株主】の利益を実現する事が最重要事項になる。

僕が考える公開の状態は、持ち株会社の下で子会社上場させ、マーケットから資金を調達し、その運用を独立支援に使っていく。
役割は資金の弁の役割だという認識。
結局マーケットに応えるのは、長期的な成長だけど、今の日本のマーケットは投資家も公開する企業も、ベンチャーキャピタルも短期的収益を追いすぎるため、長期的な戦略をとりずらい現状がある。

長期的な戦略のためには、従業員満足と、顧客満足を上げていく必要がある。
短期的収益を追うと、その二つは満足出きるレベルではなくなる。

一番大切なのは目的を設定し、ぶらせない事。
それが出来ない経営者は公開してはいけないと思う。
公開は手段であって、目的ではないから。
色んな理念・目的をつけて公開させているけど、今のマーケットの新興市場が成熟しないのは、その目的が経営者側も、投資家側も見失ってマネーゲームに走っているからだと思う。

僕らはそれを理解し、それに流されないように企業経営を長期的視野でやっていきたい。
僕らの戦略だと資金調達は非常に重要。

充分メリット・デメリットを考えて、最善の方法で上げていきたい。
  1. 2005/10/29(土) 19:21:22|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ギャップ

昨日は朝から原宿のビルオーナーさんとの面談⇒某メーカーさんとの商談⇒某大手上場企業とのミーティング⇒お客様との会食⇒社員との打ち合わせと朝3時まで・・・・。

上場しているR社とのミーティングでは今後のお互いの関係と、役割分担の打ち合わせ。僕らの会社は小さいからそういう大手さんとの付き合いは大切だし、非常にメリットを享受出来る。

でも、いつも契約数・収益の話になり、なかなか難しいところもある。
今回は新規事業で、会社設立から僕らは関わっているけど、その企業の存在意義が明確ではない。

何のためにその会社を設立して、ビジネスをやっているのか?
儲けるため?そんな事では事業は立ち上がらないと思う。
ビジネスはゲームじゃない。
その目的を明確にするところから、作りこみをしていかないと、原理原則がない法人は付加価値を出せない。
契約数・収益ももちろん大切だけど、その基盤をしっかり作る事。
これがもっとも重要。
でも大手企業になると、なかなか難しいところ。

そのあと、夜は以前の職場でお世話になったクライアントさんとの会食
1年半ぶりのお会いしたんだけど、有意義な情報交換が出来たと思う。
僕がサラリーマン時代にお会いして、経営者になってからは初めてお会いした。

昔の僕を知っている方なので、今現状の僕と何か違いはあるのだろうか?先方も楽しみにしていたよう。
女性経営者なので、男性経営者のギラギラした人間を見抜くのが出きる方で、僕はなかなかいないタイプの方だと思う。

女性経営者も色々あって、男性のような女性経営者が結構多い。
権力・お金・地位・名声を目的として起業する男性経営者は非常に多いけど、ちまたの女性経営者も同じような目的でやっている人が多い。
僕の所感だけど、女性特有の長所を活かした経営者がいてもいいんじゃないかな。

偏見になるかもしれないけど、僕は男性と女性は根本的に違いがあって、その違いを活かした経営をするほうが僕は魅力的だと思う。
女性経営者で女性を前面に押し出して、結局は男性経営者と同じビジョンで経営している人に出会うと残念だなあと思う。

そういう意味ではこの方は稀有な方だし、意見とかアドバイスは非常に勉強になる人だ。
こういう女性経営者が増えると面白いと思う。

その方が言うには、僕がギラギラした経営者になっているんではないか?と思ったそうだ。
色んなところで僕の話を聞くようで、その展開を外から見るとイケイケのベンチャー経営者に見えるみたい。

で、実際どうなんですか?と聞いたところ何も変わってないと言って頂けた。僕が思っている事とか、やっている事は外からみると大分ギャップがあるようだけど、僕自身が思う自分の最大の長所は目的がぶれない事だと思う。

いかなる状況、いかなる環境でも周りに流されないし、自分のスタイルは崩さない。どんなにお金があっても、どんなに華やかな場所に行っても(いかないけど・・・)目的に関係ない事は興味がない。

昔からそうだけど、好奇心は旺盛だから、色んな経営者に会うのも好きだし、いろんな会にも出る。けれど僕は僕だし、僕の目指す目的は昔も今も一緒。

そういう自分のずれを修正したり、ギャップを確認したりする為にも、そういう方との出会いは貴重だなと思う。

そういえば、この日記に書いている状態に今僕の会社がなっているわけではない。かなりのギャップがある。
でも経営者は法螺をふくべきだし、その法螺とのギャップを埋める作業が経営だと思う。

みんなギャップがあると言えばいいのにね。
事実は事実として、それを悲観する必要はないと思う。
一番大切な事は、大きな法螺をふき、そのギャップを認識し、それを全員で埋めていく事だと思う。

目的さえぶれなければ、何とでもなるしね。
  1. 2005/10/28(金) 12:29:04|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょいっと一息

【“ちょいっと一息”の続きを読む】
  1. 2005/10/27(木) 16:19:03|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

情熱

昨日は僕が前前職からお世話になっている社長と会食した。
今の僕らがいるのもその社長の助けが非常に大きい。
もう63歳だが、いつも元気に働いている。

酔うと何時も独立した1年の話をしてくれる。
24歳で独立して、一代で年商80億の企業を作られた方だけど、
1年目は全く駄目で、毎日毎日事業を辞める事ばかり考えていたそうだ。

1年間頑張れるのもすごいけど、1年後に事業が成長するものすごい。
その話を聞いて、今の自分たちに置き換えてみた。
リスクとリターンでヘッジをかけるもの重要だけど、成功するまで諦めずに頑張りぬく事の大切さもあると思う。

僕らは簡単に諦めたり、簡単にリスクを回避したりするけど、情熱を持って死ぬ気で頑張りぬくことは非常に大切。
人間は本気になった人間には勝てない。

僕らもそんな苦労を買ってでもしなければならないのでは?と思う。
今は順調だけど、必ず苦境はくるはず。
そのときの為に、その社長のようにいつ死ぬか分からない最前線を経験する必要があると思う。

最後は溢れる情熱と、本気度で勝負は決まる。
僕らがそれだけの覚悟があるのか?ないのか?
そういう社長たちの壮絶な話を聞くと、本当にまだまだだなあと思う。
  1. 2005/10/26(水) 19:32:45|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コミュニケーション

コミュニケーションは難しい。
問題のほとんどはコミュニケーションのロスで起こっていると思う。
今日も直営店会議を行ったけど、僕の伝えたいこと、僕のビジョンはなかなか伝わりきらないという事に気づいた。

本音を聞いて、僕の本音を伝えて、お互い理解するには大変な労力と時間がかかる。
その時間が上手く機能するように、仕組みを作っていかなければならない。

良い企業とは、コミュニケーションがいいし、風通しがいい。
本音で分かり合えれば、たいした問題はないものだと思う。
皆幸せになりたいし、夢を実現したいと思っている。
その目的は同じはずだから・・・・。

組織はそのコミュニケーションと役割分担が重要で、最高のチームを作るためには、最高の組織を作らなければならない。
僕ら今からその課題に取り組む。
課題があるのは最高。
改善し、成長するチャンスだから。

  1. 2005/10/24(月) 11:22:35|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

視察

昨日は今度一緒にやる会社の店舗を周ってみた。
僕と、役員2名と延々8時間の6店舗を視察。。。。。
今回の案件はロードサイド(初)なので、かなり時間がかかった。

今回の案件もいつも通り、僕らからしかけた案件ではなく、やむにやまれない状況でやる事になりそう・・・・。
いつも案件を検討して、ジャッジする時に考えるのは、何のために?どんな会社にする?どんな目的でやる?という事。

M&Aも収益・成長も当然あるんだけど、一番はなぜ取り組むのか?
という目的が重要だと思う。
企業は箱ではなく、人で成り立っているからには、やはりそこで働く人の人生を定める事になる。

僕らのグループ戦略は顧客差満足と従業員満足が基盤にある。
そこが崩れると恐らく失敗するけど、そこが崩れない限りは失敗しない
いはず。。。

会社ごとの目的が違って当たり前だけど、グループとして緩やかに基本は統一したい。
それがあれば自ずと取るべき手段が見えてくる。

儲ける・儲けないも重要だけどビジョンがもっとも重要だと思う。
今回6店舗・年商5億の案件だけど、今後これをどこに持っていくのか?
それを描き、社員と共有してからゴーサインだと思う。

上手く融合できれば、グループとして収益・成長・夢と広がる。
今いるメンバーと、新しいメンバーとでさらに素晴らしいチームにしたい。

皆の夢を実現するために、企業として体力・収益力が必要だけど、
それは手段にしか過ぎない。
今回の案件も、今後の案件も我々が何を目指すのか?
何のために行うのか?目的を明確にしなければならない。

僕は会社の目的と、方向性を決め、具体的な戦略と成長を描く。
それを役員が理解し、実務を行い、現場に落とし込む。
目的⇒方向性⇒役割⇒落とし込みを組織として行っていく事。
年内はその仕組みづくりと、成長と同時に実現する事が必要になる。
かなり大仕事だけど、皆で協力すれば必ず実現出来る。

頑張らないとね。
  1. 2005/10/23(日) 18:37:38|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢について考える。
僕も今28歳だけど、23・24歳のときは鮮明に夢を描けなかった。
ただ何かしらやりたい!!と猛烈に思っていた。
環境のせいにしたり、上司のせいにしたりしてた。

でも自分の事を思ってくれる仲間や、上司、経営者のアドバイスで何とかここまで夢を鮮明に描けるようになった。
今はその夢の為に何をすべきか?まで描けるようになった。

人間は一人で生きられないし、自分の応援団を作らないと成長はしないと思う。
僕も一人でやって失敗した時は、自分なら出きると信じていた。
でも失敗したし、その理由は明確だったと思う。
やはり自分の利己的な成功は、成功しない。
だから企業理念に利他主義をうたっている。

夢は大きく、皆が目指せる夢でないと意味がない。
利己的な夢を誰が支援するだろうか?
そして誰も支援しない人が成功するだろうか?
そういう事を教えて頂ける経営者や取引先に恵まれた結果だと思う。

僕の夢は、日本一の独立支援会社にする事。
死ぬ瞬間に1000人の経営者、そこから独立した人、取引先、支援先の全員から僕に出会ってよかった、僕の会社に出会えてよかったと言って頂く事が夢。
その為の今を生きるし、その為に企業を成長させ、経営者を輩出していく。

飲食店は経営を学ぶには分かりやすい仕組みになっている。
店舗毎にB/S、P/Lがあり、キャッシュフローがあり、人材育成があり、
店長は経営者と一緒。
立派な店長は、立派な経営者の資質がある。
だから飲食店は面白い。
さらに飲食店はお客様の反応がタイムリーで、お客様を満足させる事が成果に繋がる。
従業員満足と、顧客満足の2つがビジネスの原点だと思うから。

そういう事を具体的な仕組みと、実務レベルに落として成長していく企業にしたい。
その為に今いるチームのメンバーととことん話し合い、議論しあい、本当に夢に向かっている事をみんなで確認しながら仕事をしていきたい。
  1. 2005/10/21(金) 19:28:35|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

良い話

昨日はある食材会社の社長と打ち合わせをし、非常に良い話になった。
来期の構想がさらに高まり、今期・来期のやるべき事が明確になりつつある。
最近スピード!スピード!スピード!といい続けているけれども、中小企業の最大の武器はスピードと柔軟性だと思う。

ただそのスピードに満足していると、内部が疎かになり、中身のない会社になってしまう。
それをバランスよく調整しながら進むことの重要性を感じる。
でも今は少々無茶をしても、マーケットシェアを取りに行く時期だ。

結局企業は人・モノ・金・情報がないと何も出来ない。
僕らのチームのメンバーの成長と、夢を実現すための手段としてもスピードを持って経営をしていかなければと思う。

現場のメンバーや、チームの人間は会社で何が起きているのか?
どうなっているのか?分かりにくいとは思うけど、目的に対して手段をどんどん打っていく!!という感じなんだけどね。

当然会社だし、メンバーの確執や、色んな問題はあると思うけど、一番大切なので生きる目的・夢を見失わない事。
困難は当然出てくる。
ただ困難は越えられない人に来ない。
なぜなら、目をつぶって、困難から逃げれば困難に気づかないから。
僕らのメンバーや会社は困難に立ち向かう集団にしたい!

そういうチームは成長し続けるし、必ず夢を達成出来る。
皆諦めずに、困難から目を背けずにやっていきましょう!!
  1. 2005/10/20(木) 13:33:18|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほっと一息

最近あまり調子がよくなかったけど、昨日あたりから快調。
来期の構想に必ず必要な人材も手伝ってくれる事になり、来期売上10億、経常利益1億も達成出来るはず・・・・。

懸念だった案件もようやく片付きそうで、マッサージでも行って癒されよう。
年内はあと1店舗出店して、打ち止めだし、年末に向けてようやく年を越せそうなイメージになってきた。

来期の構想は、飲食店舗の成功確立を上げ、ビジネスとしてのレベルを上げる為の支援網を作り上げる事。
飲食店は手段だけど、それを皮切りに経営者になり、会社を大きくして、利益を出し、その利益を人と事業に投資していく。
そういうサイクルを作り出す為の第一歩だ。

企業は環境適応業だし、一番必要なのは企業理念。
法人も個人も一つの人格、それをやるため生まれてきた目的を達成する為に存在する。

来期はその為に会社3つほど立ち上げ、連結経常利益1億を目指す。
それにより、エクイティーを行いさらに唯一の独立支援業になる。
これが直近3ヵ年の計画。

上場する事はしない。
ステークホルダーが多ければ多いほど、僕らの企業理念を全うする事が難しくなるから・・・。
出た利益は全て、従業員とお客様と取引先、社会に還元したい。

昨日面談した人材は、僕の数年前からの師匠であり、僕に仕事の楽しさを教えてくれた人。
そういう人とまた一緒に仕事が出きるのは本当に幸せだ。
何年か前から夢を話してきたけど、今もお互い理解できたし、お互い何のストレスもなく分かり合える。

一つの目的に向かって、お互い理解し、飽くなき探究心で仕事が出きる最高のチームを作りたい。
最近の話にたとえればロッテのパリーグ制覇みたいなものかな。
万年弱小チームのロッテに最高のリーダーであるボビーバレンタイン監督が入り、チームのメンバーの可能性を信じ、ファンの期待に応え、目標に到達した今回の優勝は目指すべきチーム像だと思う。

目指す目的は【日本を変える事!】
その為にビジネスモデルと収益構造を作り、人・モノ・金・情報を夢へと集めていく。
そういう強い集団とネットワークを作り上げる事が今の課題。

誰もに可能性があり、誰一人として、役割がない人はいない。
その可能性を120%引き出し、一つの方向性に纏める事が僕の仕事だと思う。
今は何が楽しい、幸せかと言えば、そういう最高のチームが着実に作れてきている事が最高に楽しい。
僕一人では何も出来ないし、実際一人で独立して失敗もしてきた。
今は何も怖くないし、経営がリスクだとは全く思わない。

そういう目的・理念を昇華させて、それに人材を集め、育てていく事。
シンプルにそれだけをやっていけば良いと思う。
当たり前のレベルを当たり前のようにやるのが一番難しいけど・・・。

でも今期も仕上がりそうだし、来期は楽しみになってきたなあ。
皆気づいていないと思うけど、すごい事になるよ。


  1. 2005/10/19(水) 14:18:30|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全社会議

今日は全社員会議でした。
一応今全体で7店舗になり、社員も22名になったので。。。
この創業10ヶ月では採用もせずに急速に増えているからな~。

最初は想いがあり、夢があり、希望があり、共に苦しんだ仲間も、
人数が増えるについて目的がぶれ始めたように感じるんだよね。

僕もサラリーマン生活が長かったので、本当に働く社員の夢とやりがいを実現し、お客様に感謝して頂ける会社を作ると心に決めて作った会社だけど、少し気を抜くと普通の会社になりかかっている現状・・・・。
経営って難しいと考えさせられる日々です。

今日はその目的を明確にする為に全社員を呼んで会議をしました。
僕らの会社の目的って?自分の夢って?目的が明確でないと手段も生まれないし、目的が一致していないと最高のチームも作れない。

僕の会社の目的は、①社員の夢を実現する環境作る事、②お客様へ感動と感謝を感じて頂く事の2点だけ。
その実現の為に全ての時間と、労力を割きたい。

人は平等に与えられるモノは時間だけだと思う。
その時間、1秒・1秒を本気で生きた人間が成長する。
その密度が濃ければ濃いほど成長し、成功に近づくはず・・・・。

僕らの目的が高ければ高いほど、鮮明であれば鮮明なほど、その到達手段は明確になる。
僕が言いたいこと、考えている事はただ一つだけで、いかに大きい夢を描くか?そこにいち早く到達するか?手段は選ばない。

仕事をする上で、細かい諍いや喧嘩、コミュニケーションロスなどなどから様々な問題・課題が出るけど、この目的が一致して、最高のチームが作れていたら、簡単に解決できるはず。

会社は初年度で、売上げ3億、経常利益3000万以上は確実に行くだろうし、来期はその実績を基にM&Aをする事もほぼ決まっていて、2期目で10億の1億も多分達成出来る。
ただそれは手段であって、本当の目的はその手段を持って、僕らの会社のメンバーの独立、夢、お客様の夢と感動を実現したい。

飲食店を来期で20店舗ほど作ると思うけど、それも手段。
何店舗作ったとか、何千万利益が出たとは、それ自体は全く意味がないと考えている。

人生はお金じゃない、いい車に乗ることでもない、いい女を抱くことでもない。それは目的じゃない。
僕らの目的は若い人が夢を描き、夢を追い、そして実現させ、そういう経営者がまた会社を育て、人を育てるサイクルを作る事。
それが目的。

僕らは凡人だし、今有名になっている天才的な経営者や人材でもない。
そいう僕らが人生で幸せになるのは、これしかないと思う。
能力ある人と同じような手段でやって、勝てるわけはない。
僕らは僕らしかない目的と、付加価値を磨きこの人生に勝つ。

それが僕らの価値だし、僕らの進むべき方向性だと・・・・。
これさえぶれなければ必ず実現出来る。
そういう事を会社として、全社員として明確にし、共有する事が重要。

今後は徹底的に理念の浸透をやっていきたい。



  1. 2005/10/18(火) 15:33:13|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社長日記開始!!

無事HPもアップされ、ブログも立ち上がりました。
創業して約10ヶ月嵐のように過ぎ去りましたが、ようやく今一息ついて、色んな人・モノ・金・情報について整備出来るレベルにきたかな。

みんな店舗のブログやHPを有効に使って、全社員とお客様のコミュニケーションを深めていければいいなあ。

僕らのようなベンチャーはまず夢があって、その夢に集まる人・モノ・金・情報があって成り立っているので、どうしても仕組み整備とか、成長スピードに合わせたコミュニケーションルートの確保がどうしても後回しになりがちだしね。

僕の長所はスピードだけども、やはり最近は巡航速度を見極めて戦略を打っていかないとと思う今日この頃・・・・。

もっともっと社員とクライアントとコミュニケーションを取っていくべきだし、僕がその為に時間を作るのは重要なカテゴリーだと思うようになってきた。

毎日出来る限り、色んな経営者と接した内容や、感じた想いを今後この日記にしていきたいですね。


  1. 2005/10/17(月) 11:54:58|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ブログ開設!!

ブログを始めました。
  1. 2005/10/12(水) 22:38:05|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。