経営者を育てる経営者が日々思うこと

画期的な独立支援制度で夢見る経営者を応援する社長が1000人の経営者を育て世に輩出します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

信頼

信頼・チーム。
最近良くこの言葉を使うようになってきた。
昔は自分の事を出来る営業マンだと思い込み、まるで周りの人たちと協力したり、分かち合ったりしなかった。

その結果失敗もしたし、今はその事実によってチームのありがたさ、メンバーの温かみ、社員への感謝を深く思う。

自分ひとりでは何も出来ない。
メンバーが尊敬し合い、信頼し、信用して同じ方向性へ向かって、チームで成功体験を積む事こそ最大の成果であり、最高の結果だと思う。

一番の問題はそこだと思う。
主体性・責任感・尊敬しあうチーム。
感謝の気持ち。

本当に今まで遠回りをしてきた。
だから、今のメンバーには遠回りして欲しくはない。
だから今のメンバーには声を大きく言いたい。
仲間を信頼し、会社を信頼し、チームに感謝し、供に力を合わせて成功しよう。

そうすれば素晴らしい人生と、夢が実現出来るはず・・・・。
僕は遠回りをした。
今のメンバーには遠回りはさせてはならない。

その為に僕が頑張らないといけない。。。。

スポンサーサイト
  1. 2005/11/30(水) 20:26:13|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

博多へ

先日は業態視察へ九州は博多まで出張に行ってきた。
現在13店舗になって、内部管理・ノウハウと仕組み作りを強化し、来年の体制作りを行っているが、僕らが一番弱いのは業態開発だと思う。

来期も20店舗くらいの出店もしくはM&Aを構想して、今も動いているが、インキュベーション(独立支援)の観点から、強いマーケティングと業態を持たないと、成功する独立店舗が実現出来ない。

来期の以降は独自ファイナンスも付き、インキュベーション事業は具体的に始動していくが、その為にも商品力の強化と新業態開発は避けて通れない。

さて、博多だけども食文化の高さに驚いた。
客単価3000円を切るレベルで、かなりの味とサービスレベルを維持しているお店がごろごろあり、都内の食レベルでは考えられないほど、飲食店のレベルは高い。

チェーン店がほとんど勝てないエリアと有名な博多だけども、ここまでレベルが高いとは思わなかった。

商品・価格・サービスどれを取っても満足度は最高に高い。
本当に勉強になったし、来期の構想にイメージが湧いてきた。
来年は確実に九州・博多が来ると思う。

  1. 2005/11/29(火) 14:50:26|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末に向けて

もうそろそろ年末と言う事で、飲食業の僕らは忙しい時期になる。
忘年会もどうしてもやりたい!!という意気込みで会議で提案したが、
あえなく却下。。。。

新年会に統合される事になった。
今年はもう終わりだが、来年はまた忙しくなりそうだから、新年会もどうなのか・・・・。


12月は一番のかきいれどきだから仕方ないとはいえ、ちょうど12月16日で会社設立一周年だから何かやりたいなあ。
来年は4月くらいに、沖縄へ社員旅行があるからそれに行ける様に頑張ろう。

  1. 2005/11/26(土) 18:57:24|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

中期経営計画

今直近3年の中期経営計画を策定している。
今まで計画らしい計画は数字でしかなく、全体像を把握するモノはなかった。

今は会社の成長速度が高い状況で、全員がこの会社がどこに向かっているのか?何を羅針盤にして会社が進んでいるいるのか?
全社員と外部の支援して頂いている方に理解して貰う為に策定している。

現状様々な問題は出ているが、3年後のビジョンを明確にし、それを達成する為に現状把握とギャップ把握が出来れば、細かい問題は問題ではなくなる。

僕らがどこを目指すのか?何を達成するのか?何をクリアすれば達成出来るのか?を明確にし、進んでいく。
  1. 2005/11/25(金) 13:56:32|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

経営者の悩み

今現在起きている事について考える。

会社の成長スピードについていけるのは、経営者のみだとある経営者が言われていた。

専務だろうが、常務であろうが、会社が成長し続ける限り、そのスピードから経営者以外は付いていけない。
それはその通りだと思う。

そのギャップが現場からの悲鳴であり、クレームだと思う。
僕も前職と前々職は急成長企業に所属しており、その時は一現場の社員として、同じように経営者へクレームを上げていた。

でも今なら理解できる。
経営者とそれ以外の人たちは視点が違って、僕も自分がそういう立場になって初めて気づいた。

今なら、前にお世話になった経営者にありがとうと言える。
短期的にはお互い分かり合えなかったとしても、数年のスパンで見ればお互い成長すれば、必ず【よかったね】と言える。

今やっている事は全て、僕とチームのメンバーの無駄にはならない。
それは今分からないかもしれないが・・・・。
僕もそういう経営が嫌で会社を立ち上げた経緯はあるけど、今は同じような状況に陥っている。

これは全ての経営者が通る道なんだと感じる。
今まで出会って、僕にアドバイスくれた経営者の話が今鮮明に自分の中へ落ちてきている。

これからどうするか?
それが最も重要だけど、一歩一歩いくしかない。

  1. 2005/11/23(水) 15:50:35|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20代経営者の会

昨日は20代経営者の会に出席してきました。
20代の経営者ばかり約50名ほど参加があり、良い刺激を貰った。

今までマーケットへ出た20代の経営者は6名しかおられないとの半紙があり、ちょうど僕と同じ年の経営者の方が来月上場承認がおりたとの事。

28歳での上場は上場自体が素晴らしいのもあるけど、それを実現する人材育成・ノウハウ構築・仕組みづくり・内部管理体制作り・IRなどを考えると、本当に凄い事だと思う。

僕も今その部分をやっているとこだったけど、本当に大変。
自分が出来る事と人に教えることは全く時限が違う。

経営者の仕事はスーパー営業マンとは違い、人材育成と仕組みづくりだ。
それをその若さとスピードでやってのけるパワーには驚嘆させられる。

どの会社の経営者も若いけれど、彼らの従業員への想いの強さや、人材育成への取り組みは確かに一時代の経営者のそれとは違う何かがある。

自分も負けずに頑張らない!!
  1. 2005/11/22(火) 17:20:54|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

オープンしました!!

何とか昨日無事(?)に高円寺ほるもんスタジアムがオープンしました。
ダクトトラブルや、人員不足に悩まされながらも、何とかかんとか。。。

レセプの時よりもオペレーションが改善されてたので、満席になっても何とか回っている形は作れた。

あとは煙・・・・。
帰ってジャケットを脱ぐと部屋中油の匂いがして、これはまずい・・・。

ダクトをもう一系統立ち上げる事で、これも改善でき、ほぼ万全の体制で営業出来そうだ。

何度も言うように、もの(ホルモン)は最高なので、商品力はばっちり。
あとはオペレーションと、ハード部分が改善され、認知されれば間違いなく立ち上げると感じた。
都内で2000円前半で、こんなに美味いホルモンと焼肉はないと思う。

この2ヶ月ホルモン焼きと焼肉のお店ばかり行って、4キロ太っただけはある(笑)。

ワイズフードとしてはじめて商品力に重きをおき、全社員一丸となって立ち上げた初の店舗だから、非常に今後が楽しみだ。
来年は5店舗くらいはこの業態なら出せるかな?

  1. 2005/11/19(土) 19:06:22|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよオープン!!

今年最後の新店舗オープンがいよいよ明後日にせまり、今日はレセプション。

本当に良いホルモンを、低価格で、元気なサービスで提供する。
ほるもんスタジアム高円寺店オープン!!!
構想2年半、今回新メンバー参加の基、その新メンバーの実家が肉屋だったので、実行出来た。

まだ結果は分からないけど、試食した感じではかなり良い商品が提供できそう!!

うちの独特のオペレーション(笑顔・元気・ありがとうの溢れる店)を持って、最高に美味いホルモンを世の中に広げる活動の第一号だ。

今年最後のオープンという事で、現場も本部も気合入りまくりです。
今までは商品力に特化した業態はやってこなかったけど、今回は初めて医食同源をコンセプトに満足の出来る業態になった。

ぜひぜひ皆さん高円寺へゴー!!
  1. 2005/11/16(水) 15:40:15|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内部を固める!!

本日は経営戦略会議を行った。
テーマは経営理念と方向性の発表と、現在の経営課題について。
経営理念については、何度も言っているように【我々に関わった全ての人を幸せにし、その結果日本を幸せな社会にする事】
その為に利他主義の徹底を行う(利他とは顧客・従業員・取引先・株主・支援会社・社会)事。

それを実現する手段として、事業会社ワイズフードの位置づけと方向性を決定する。
あるべき方向性は定まったが、現状それを実現するには経営課題が山積みの状況。

現状の経営課題は、内部を経営理念の基一枚岩にする事。
外的要因や、トラブルや細かい問題は全て枝葉の問題で、要の問題を解決する事が先決。
その為には我々が理念の基一致団結し、いかなる状況に置いても、お互い信頼し、助け合う強いチームを作る事が要の問題と捉えている。

それを実現する為の方針であり、決定事項を確認した。
今僕らがやるべきことは、どんな圧力も、どんな問題も超えていけるような、強いチームを作る事。
本当の財産は人材と、ノウハウだ。
それはお金では買えない。
お金で買えない財産を作っていく事。
その為に日々努力するのだ。

  1. 2005/11/14(月) 13:03:19|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

組織作り

最近組織作りについて、非常に悩んでいる。
僕は会社は皆がやりたい事を実現出来る環境にしたい。
でも、今の成長スピードで会社が伸びると、組織を作り・ルールを作らないと、当たり前だけど目的へ一気通関出来ない。

どの経営者も悩むところだと思うけど、僕らベンチャーは理念の共有こそが生命線だ。

内部を一枚岩にする為には、各々が勝手に動いていては統一出来ないし、結果皆が不幸になる。
僕は経営者としてそれだけは避けなければならない。
その為にもルールを整備し、仕組みを作り、ノウハウを蓄積し、人材を教育し、会社の方向性を纏めなければならない。

当たり前の事だけど、今の現状では出来ていないし、やるべき課題だ。
  1. 2005/11/11(金) 18:16:10|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

経営者の成長

最近考え方が少しずつ変わってきた。
どう変わった?というと。
以前はルールが嫌い⇒今はルールは最低限必要
   マニュアルが嫌い⇒教育の為に必要
   異業種交流会や若手経営者の集まりが嫌い⇒今は必要性を感じる
   上場へ否定的⇒可能性は否定しない
などなどである。

なぜ考え方が変わったのか?
やっぱり会社が急激に成長し、守るべきモノが増えていたから。
僕にとって守るべきモノは【メンバー・顧客・取引先・株主等々】である。

会社が成長し、守るべきものが増えると、自ずと環境と必要なものが変わってくる。
僕にとって、守るべきモノの為に経営をしている。
その彼らが望む経営者になりたい。
彼らの理想とする、愛される経営者になりたい。

その考えの中で、僕がそう自分を閉ざし、自分の価値観の中で生きていたら、彼らの幸せもない。
今まではそういう中に参加する事が、正直自分が変化する事に恐怖を覚えていたけど、今は自分は迷うことはない。

きっちりと目指すべき方向は理解し、それに向かって意思決定をしていくだけ。
その中で、色んな経営者に会ったり、情報を貰ったり、勉強会に出たりは知識と見識を広める上でとても重要だという認識に変わってきた。

今後は僕が積極的に外へ出て行き、色んなものと身に付けて成長していく。これが会社と守るべきものの成長にもなると思う。
  1. 2005/11/10(木) 15:08:17|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あるべき姿

昨日・今日と中期経営計画と、事業戦略、組織図を策定していた。
現在創業10ヶ月目で13店舗、社員35名、アルバイト入れれば300名体制になり、恐らく通期で考えると年商12億位のパフォーマンスへ成長して来た為、理念とビジョンの共有を早期に浸透させていかなければならない。

僕の考える10年後、5年後、3年後、1年半後までの会社のなっている状態を描き、その経営数字を策定する。
その時のあるべき組織図まで策定し、僕らの会社がどこに向かうのか?どういう状態になっているのか?
どういう組織なのか?もっと言えばどういう会社なのか?
を資料に纏めた。

来週中期経営計画を全社員の前で提示する。
そして年内に全社員が会社説明と、会社の目的・ビジョンを説明出来る状況にする。

社員の全員がその理念と・ビジョンへ乗れる状態を年内に作る事。
これを目標にあと一ヶ月半時間を注ぎたい。
  1. 2005/11/09(水) 15:44:51|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同じ船に乗る

昨日はお店で朝までミーティングをしていました。
今日は朝から、ほぼ徹夜明けでフラフラしながら、次の出店検討店舗の管理会社との面談をして、その後物流会社と資本関係の調整その後、若い飲食店経営者との面談と結構忙しく動いた。

昨日のミーティングで感じたのは、やはり会社ののビジョンが浸透出来ていないという現状だった。
目的が一緒と確認出来ていないのに、どんな会議やミーティングも意味がない。

今やるべきこと、それは目的の統一化。
僕の会社の目的は【関わった人全ての夢を叶え、夢を叶える事を当たり前の社会に日本を変える事!!】
これが目的だ。

その為に事業会社を大きくし、その後教育事業へ参入する。
今の事業も、飲食店舗もオペレーションもその為にやっている。
そういう目的を達成する事が自分の人生の目的だと思ってやらないと、絶対に何をやっても意味がない。

まずは目的を明確にし、全員が目的を理解し、語れる状態にし、それをやるのか?やらないのか?同じ船に乗るのか乗んないのか?
を決めないと前に進められない。

同じ船に目的場所の違う人間が乗っていれば、方向性も纏まらないし、いずれ船は沈没し、全員が不幸になる。
限られた時間を共にするチームは、全員が同じ目的に向いていないと、お互時間も無駄だし、お互いの幸せには近づかない。

来週中期経営計画を発表し、この会社の目的と方向性を皆に示す。
この船に乗るのか、乗らないのか?
全員が明確に出来るまで、やろうと決意した。


  1. 2005/11/08(火) 14:34:05|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

反省

先日は僕の今までの生涯で一番尊敬している経営者の方と会っていました。
今の僕たちがあるのもその人のお陰と言っても過言ではない人です。
当然チームの皆・取引先・お客様等々の支援が無ければ存在出来ない会社だけど、創業時のきっかけと支援があって今があるものまた事実。

現状の報告と、今後の展開について相談をしたんだけど、今までの自分の考えがかなり変わった。
変わった共に反省した。

僕は前職・前々職と上場企業にいたけど、公開企業としてのメリットとデメリットではデメリットのほうが多いという考え方だった。
それは一社員として、やはり目的が株主への還元と、収益・時価総額へ目が行き、お客様や従業員がないがしろになっている現状を目のあたりにしてきたらだ。

でも僕が目的をぶらさなければ、公開しようがしまいが、そんな事は関係ない。
公開してぶれるような理念なら、どの道途中で倒れる。
一番大切なのは、下手な策を弄さず、目的を明確に持ち、曇り一点なくその目的に全員が向かうようにする事だ。

今まではそこから目を背けて、いかにリスクなく、目的を実現するのか?そればかりをやって、本質的な問題が理解できていなかったと思った。

何度も自分で言ってきた事だけど、自分が一番出来ていなかったと思う。僕らの目的が、いかなる理由によりぶれようが、それは経営者の責任だと思う。
その為にも、役員・社員一同となって、目的を明確にし、それに全員が曇り一点なく突き進む体制を作るのが僕の仕事。

僕の会社の目的にたどり着く事がメンバー全員の目的になっていなければならない。
自分のやりたい事より、自分のプライドより、会社の目指す方向性を指示しなければならない。

その方向性の中で、自分のライフプランを実現しなければならない。
ただ一つ誤解なきように言うと、僕らの会社はインキュベーション事業【独立支援業】であるという事だ。

僕らの会社の創業の理念は①お客様へ最高の満足を与える事、②従業員の夢をかなえる事の2点である。
特に②の皆が言いたいこと言って、自分の夢を実現するためにこの会社を作った。
すなわちその目的=自分の夢の実現であってよい。

僕らの目的が本物なら、いかなる状況でもそれが揺らぐことはないはずだし、必ずたどり着ける。
全てが手段であり、それが目的だから・・・・。

【動機善なりか?私心なかりしか】この事業に大儀はあるのか?
これは京セラの稲盛さんの言葉だけど、この通りだ。
前から大好きな言葉だけど、僕の起業する時もこの言葉を何度も自分に問いかけた。

結果社会に必要な事業だと確信して、スタートした。
こんな僕だけど、やはり目的がぶれ、自信を失っていたのかもしれない。そうして周りに流されていた。

僕らはNO1になりたいわけじゃない、日本を変えるという心意気ではじめた事業だ。
であれば、王道で突き進めばよい。
そのようなアドバイスを貰った。

マーケットはもっと大きなところで動いている。
マネーゲームに走っているのは、そのレベルだということだ。
マーケットを動かしているのは、その一部の本物なのかもしれない。
僕はマーケットに出ていないので、それは分からないけど・・・・。

今まで悩んでいたことが鮮明になったし、かなり反省した、
あれこれやらずに、僕らのチームは全員でやるべき事をやるだけ。
僕自身こういう気づきをたくさん頂ける環境に感謝するともに、もう突き進むしかない。


  1. 2005/11/07(月) 15:19:41|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出会ってよかった

昨日は僕らの会社の役員(女性)の結婚式に行ってきました。
僕らの会社のメンバーも当然の事、親族・クライアントの社長様方・友人の方・そして僕らの会社の支援をしてくれている会社の方々も出席されていました。

色んな事がありすぎて上手く整理は出来ないけど、本当に気づきの多い一日だったと思う。

結婚式はやはりその結婚する二人を応援し、幸せを願い、そしてその二人に出会ってよかったと祝福する時だと思う。
これは結構すごい事だと思うけど、誰かの幸せを願う事が、感謝につながり、僕らの人生の大きな役割を果たしていると感じた。

人生当然予期せぬ事もあるだろうし、トラブル・行き違いなど等、困難や嫌な事は一杯出てくる。
ただ、ふとこういう時に一度リセットし、今までの人間関係や、コミュニケーションを再度認識する事で、本当に幸せって何なの?
誰と、どんなチームで、どんな人生を歩むことが自分たちの幸せなんだろう?と気づきを得る。

そして僕らはやはりお互い活かされているんだと認識し、僕らの幸せを願う人たちに成長させて頂いているんだと感じる。
その証が出会って良かったと思う感情だと想う。

昨日は猛烈にそれを感じ、感謝と感動を覚えた。
僕らと一緒にやってくれるメンバー・お客様・支援先・株主・取引先・家族・友人に全員にありがとうと言いたい。

当然綺麗ごとだけでは無く、喧嘩をしたり、トラブルがあったり、不信感が出たり、誤解したり、少し距離を置いたり、傷つけあったりすることも人間関係だからある。

でも、やはり今まで関わった人、これから関わる人との人の繋がりが僕らの原点だし、僕らの証明だと思う。
今現状問題・課題があったとしても、必ず皆で幸せになりたい。
そう皆が思っているはず。

本当に昨日は強くそれを想ったし、感じた。
出会えてよかった。
  1. 2005/11/06(日) 12:49:42|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会社が傾くとき

今日は某大手メーカーの役員の方と面談をしてきました。
今後の僕らの会社の方向性と、共に仕事をしていきたい事をお伝えしました。

多分前例は無い位の評価と、お手伝いを約束して頂けた。
なぜその会社様と一緒にやるのか?という質問を貰ったけど、答えはシンプルに理念が一緒だから。

商品を作り、売るのがメーカーさんの仕事、我々は飲食店を経営し、人材を育成し、お客様に感動を与えるのが仕事。
でもそれさえも手段であって、その先にある事を一緒に出きるかどうか?が問題。
その事業を通して、世の中をどうしたいのか?その事業をやることにより、自分たちの夢をそう実現するのか?従業員・お客様・株主・取引先そして社会に対してどういう影響力を出したいのか?それが本質的な目的だと思う。

それが一緒に出きるメンバーとチームでやった時、事業は成長し、人材が成長する。
その為には色んな方々を巻き込み、いろんな方々の支援なしには実現出来ない。

裏を返すと、その目的がぶれたとき、または目的に向かって一致団結出来なかった時に会社が傾くと思う。

今日の面談は僕らの会社の何100倍、何千倍の企業規模の会社様に評価を頂き、一緒にやろうと言って頂けたけど、それは僕らが目指す目的が明確であり、その目的に我々が一致団結して努力し、成長しているから手伝って頂けると思う。

逆に目的がない場合とか、目的があっても一致団結出来ず業績が悪い場合には手伝って頂けなかったと思う。

企業は外部の圧力とかでは絶対潰れないと、先日ある上場企業の副社長に教えて頂いた。
企業が潰れる時は必ず内部から崩壊する。
ということは、僕らが一致団結して目的へ向かって努力しているうちは潰れないという事だ。

そういえばどこの企業も内部でボトルネックとなる管理職が現れ、内部で権力争いをし、内部がぼろぼろになり、人材流出が始まり、業績が落ちていくというステップになっている。

したがって今僕たちが支持され、成長している要因は目的を鮮明に持ち、それに向かってみんなが頑張っているから。
それを曇り一点なく信じ、それに向かって皆で努力する事で、僕らの未来が開けるという事だ。

それが成功要因だし、我々の未来はそれをやらなければ開かれない。
全員が同じ目的を共有し、全員参加で日々努力する事をやっていくことが成功と成長を得るための手段としては最高だし、それを実現したいし、その為に日々努力していく。
  1. 2005/11/04(金) 17:19:14|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本部のお仕事

今日は僕の会社の本部スタッフが日々何をやっているのか?について書いてみたいと思う。
僕らの会社は今飲食店経営と、飲食店コンサルティングを主な仕事として行っている。

中でもコンサルティングの事業部を本部スタッフで対応している。
僕も最初新卒で京都の某信用金庫に勤め、その後飲食店の支援をしているコンサルティング会社⇒飲食店のリース会社⇒独立の道のりだった事もあり、今の本部メンバーとかもその時の知り合いとかが多い。

元々飲食店支援の立場から、経営へ参入しているから、どちらかというと飲食店経営は新規事業に近い感じ。
だけども今はコンサルティングより、店舗経営が主な柱になっている。

現在はコンサルティングよりも、僕の会社を持ち株会社と位置づけ、そのグループの方向性と事業戦略と店舗の側面支援を主な仕事としている。

店舗経営だけでは、店舗働く人間の独立支援は正直厳しい。
飲食店はビジネスモデル自体は生産性と成長性が低いモデルだから・・・。

その店舗経営の支援ビジネスを立ち上げる事により、シナジー効果を高め、収益力を高めて、独立心の具体的な資金とスキームを作り出す事が本部の役割になっている。

具体的には物流会社に資本参加し、Fコストを下げ、収益として立ち上げるビジネスや、業態開発や、ライセンスビジネスもやっている。
今後は内装・人材紹介・派遣・飲食店のM&Aやファイナンス事業もやっていく。

店舗と本部はあくまでも一体で、各々の長所を活かして、最大限の生産性と成長性を出し、僕らの夢を実現する事業会社を作る事が今のところの課題だ。

したがって現場のメンバーに本部ってなにをやっているの?と思われているかもしれないけど、現状僕らの会社のやりたい事・目指したい事へのギャップを埋める作業をしている。

ギャップには色々あって、基本的には人・モノ・金・情報だけど、その調達を主にやっているという理解でいいと思う。
最初は飲食店は立ち上げ時に赤字に陥る為、その赤字を埋める為に収益を目標としている時もあったけど、今は各店舗が立ち上がりだし、そのブラッシュアップと2年後、3年後中長期の戦略の為に色んな事業の立ち上げを行っている。

でもビジネスモデルの基本は店舗の状態であり、店舗の人材育成であり、店舗の収益と、店舗の顧客満足だ。
それがないと全てのモデルは絵に描いた餅になりかねない。

今後は飲食店のインキュベーション(事業の孵化)と飲食店の再生も見据えて、業態・商品・オペレーション・人材育成などをブラッシュアップしていく。

そのサポートを我々本部スタッフがやるという感じ。
ただ飲食店経営の本部スタッフと違うのは、ビジネスモデルやコンサルティングも兼ねる為、本部も一つの会社としてB/SとP/Lも持っている。
本部経費を取らない外食企業は珍しいと思う。

本部経費は本部の収益モデルで回収出来る体制とモデルがあり、各店舗も独立採算、子会社も独立採算、本部も独立採算で日々仕事をしている。
ほとんどの飲食店経営の会社は本部は経費を使うだけで、収益は生まない形になっており、これが規模が拡大するにつれて収益性をさげる大きな要因の一つになっている。

僕らの独立支援は夢だけでなく、実際規模が拡大しても、各ポジションがぶら下がりを作らず、リスクとリターンを見極められる人材育成をする為に持ち株会社と独立採算を取っている。

本部スタッフで前期飲食店支援事業で生み出した収益とクライアントから評価されたノウハウは今後自分たちのチームのメンバーに使っていきたい。

普通に飲食店舗を展開して、ある程度の規模と収益を作り出す事はそんなに難しい事ではない。
実際自分たちでやってみても証明出来たし、検証と改善を続ける事でさらに精度はあがるだろう。

飲食店のコンサルティング企業は一杯あるけど、僕らのようにリスクをとって自分たちで経営し、育成し、独立を支援する会社はあまりないと思う。

唯一無二の独立支援会社を目指す為に本部スタッフは毎日15時間~18時間も働いてくれているのが今の現状だ。
  1. 2005/11/03(木) 17:48:28|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

始動!!

今日M&A先のお店が4店舗オープンした。
そのオープンに立会いに行ったんだけど、非常に好調な立ち上がり。
後2店舗は今月末にオープンするけど、非常に楽しみだ。

やはり、スタッフとお客様がお店にロイヤリティーがある為、立ち上がりも早いと思う。
良い店、伝統ある店で、たまたま親会社の倒産で店がクローズしたけど、従業員とお客様が腐ってなかった事が成功要因になるはず。

スタッフとお客様にありがとう!!と言って頂ける事は非常に嬉しいし、それを実現した僕らの会社のスタッフなり取引先は本当に素晴らしい仕事をしたと思う。

これで6店舗の会社が始動し始めたわけだけど、やる意義げ明確で、スタッフとお客様がいる限りこの事業は上手くいくだろう。
この先の事も描かないといけないけど、とりあえず安心はした。

僕らのチームにも好影響は出るはず。
本当に地域に愛され、お客様に愛され、スタッフがお店を愛する事は原理原則だと感じた。

その想いや、事例をぜひぜひ我々の会社のDNAとして残していきたい。
成功するかしないか?はやはりその信念と想いにあると・・・・。
日々変わりなく、ルーティンになる事が多い仕事だけど、成長し続ける事とそのスピードにより、僕らの夢は必ず実現出来る。

飲食店をやることはゴールではないし、ただそれをとうして社会に貢献し、僕らのライフプランも必ず実現出来る。
それを体感出来る事例になるはず。

本当に日々体験と勉強が出来ていることに感謝だし、人が活き活きと働く環境こそ最高のステージだと感動した一日だった。
  1. 2005/11/01(火) 22:30:14|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。