FC2ブログ

経営者を育てる経営者が日々思うこと

画期的な独立支援制度で夢見る経営者を応援する社長が1000人の経営者を育て世に輩出します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

独立支援会社。

僕が起業した動機は『独立支援』の会社を作りたいと思ったのが動機です。

自分が独立起業してもいないのに、そんな事を言っていたなんて、今考えれば恐ろしいし、

恥かしくなってしまいますが・・・・。

そう思った動機はやはり前職での経験だと思います。

僕は金融出身です。

金融は人に貸せと言います。

すなわち金融とは人を育て、事業を育て、社会を活性化する使命があると言えます。

また、その人を育てというところは金融だからこそ、難しい。

そういう意味で僕はその人を育て・・・・。

というところである、企業家を輩出する事業をやりたいと願いました。

飲食店はキツイ仕事です。

ですが、正直なビジネスです。

長期的にはお客様の事を一番愛した人が勝ちます。

その人財こそ、このマーケットに必要とされている人でしょう。

ですが、その人財がなかなか育ちません。

それは大きな問題がこのマーケットにはあるからです。

その問題こそ、僕が挑戦したい問題です。

ですが、その問題に立ち向かう前に、もっと足元の問題と、理想とは違う現実がありました。

それが『従業員』との関係です。

僕は対等の立場で接したい。

ですが、どうしても経営者と従業員という壁がそこに存在します。

そして、それはどうしようもない。

また、自分が従業員の時には気付きようもない事実です。

僕が従業員の時に感じたこと。

それは経営者となって感じることは大きな隔たりがありました。

そのギャップに戸惑い、迷い、苦しみ。

そして、無茶な結論を出した時もありました。

それは僕が目指す夢への大きな壁でした。

僕は経営者として君臨したいとは思わない。

対等の立場の人を育てたい。

それは理想論なのかもしれません。

そして、その答えは今も出てはいません。。。。。

ワイズから独立した人はもう10名に届こうとします。

それでも僕の中での独立支援像はまだ見えません。

その葛藤の中で。

それでも当初の夢を達成したい。

それだけで、今は前に進んでいます。

最近少しヒントが見えてきました。

カタチに拘るのではなく。

人との対話の中で、そのカタチを創って、変化させていけばいい。

完璧な答えやスキームを作るのではなく。

実際独立していったメンバーや、今いるメンバーと創っていけばいい。

漠然とですが、そう思うようになりました。

僕は経営者ではありますが。

どういう経営者になりたい?と問われれば。

経営者をたくさん育てる経営者。

言い方は正しいかどうか分かりません。

経営者を作る経営者は偉そうな言い方だとも思います。

適当な言い方は分かりませんが。

お互いが自律し、お互いのリスクを持ち。

その上で面白い事業や、リターン。

その中で人財が出てくれば、これに勝る幸せはありません。

独立支援企業という名前も正しいかどうか分かりませんが。

僕のやりたい夢は変わらず。

今も。

そして、前に進んでいると思います。

スポンサーサイト
  1. 2008/12/27(土) 17:59:48|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yfs.blog29.fc2.com/tb.php/1055-11df79f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。