経営者を育てる経営者が日々思うこと

画期的な独立支援制度で夢見る経営者を応援する社長が1000人の経営者を育て世に輩出します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プーケットより。

本日より休暇を取らせて貰っています。

そして、プーケットへ来ています。

よく考えれば、今年は2月以降ほぼ休みという休みは取らず。

突っ走ってきました。

休みを取れる状況ではなかった事もありますが・・・・・。

お陰様で12月の頭には蒲田も全館オープン出来ました。

そして、博多屋台市場も予想以上のお客様の評価を頂いています。

その流れで12月は創業以来過去最高売上と、過去最高計上利益を計上させて頂くような

状況となっています。

これもひとえに、ご支援頂けるお客様と取引先様、そして僕を信じてついてきてくれたメンバーの

お陰だと思います。

この1年も本当にありがとうございました。

そして、ありがとう。

感謝しています。

過去最高の売上と、過去最高の利益を出そうとも、僕らを取り巻く環境は悪く。

今後も悪くなる一方だと思います。

ですが、それに負けず来年も乗りこえて行きたいと思います。

僕もこの1年の疲れを全て落とし、また来年は勝負していきたいと思っています。

引き続きご支援を頂ければと思っています。

さて、来年の構想ですが・・・・。

創業以来3年あまり。

急激な成長と、バランスシートの拡大を図ってきました。

その結果、金融に頼らざる得ない経営の状況を作ってしまった・・・。

そのアセットを持つことへのリスク。

そして、その急激な成長に伴う人財の流出と育成遅れ。

それがこの1年のイメージとの差異を生み出したと考えています。

来年はまずこの2点を是正する事。

成長は恐らく止まると思っています。

ですが、この2つを改善しなければ次へはいけません。

赤字事業はほぼ今年で整理しました。

次は黒字事業の流動化及び、外部の会社やメンバーとの共同事業化により、アセットの切り離し

、そしてそれによる有利子負債の減少をまずやります。

黒字の事業なので、あわてて切り離す事は必要はありません。

ゆっくり事業パートナーを見極め、双方にメリットとシナジーがある先と事業提携を行っていきます。

バランスを圧縮し、PLを安定的な収益構造に変えます。

それと同時に戦えるメンバーを育てて生きます。

来年の1年は今後10年を占う年になると思っています。

その10年計画を供に実行するメンバー。

僕もまだ31歳です。

焦らず、確実に強い会社を創っていく。

そこへ注力していく。

来年こそやったります。

スポンサーサイト
  1. 2008/12/30(火) 11:28:10|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yfs.blog29.fc2.com/tb.php/1056-d27e7fd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。