経営者を育てる経営者が日々思うこと

画期的な独立支援制度で夢見る経営者を応援する社長が1000人の経営者を育て世に輩出します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どう切り抜けるか?

問題、課題、困難が来た時。

その時にどういう反応、対応をするのか?

それがその人の成長を決定付けると言っても過言ではありません。

僕が学生の時、居酒屋でアルバイト店長をやっていた時の話です。

売上1300万で50坪のお店でした。

当初はホール6名、厨房5名で回していました。

ですが途中から人件費とメンバーのスキルを上げる為に、会社と僕の判断で、

ホール4名、厨房3名に切り替えました。

当然パニックです。

てんばるという言葉がまさにでした。

お客様に迷惑はかけるは、毎日仕事が終わったら疲労でぐったりでした。

他のアルバイトからも回らないと、クレームでした。

ですが、それを1ヶ月続けたあと。

何と、スムーズに回るようになりました。

仕事は段取りです。

段取り80%、残りが20%です。

なので、全メンバーが段取りをしっかりし、一人一人のスキルが上がり、チームワークが取れる

ようになった時、人員が当初より4名少なくても、むしろスムーズに回ったのです。

これは一つの事例ですが。

よく人がいない。

モノがない。

という、『てえへんだ、てえへんだ』と文句を言う人がいますが。

僕は、今の状況をどうやったら越えられるか?

それを考える人が成長するんだと思います。

なので、今僕はうちのお店のメンバーが回らないと言っても、本当は回ることが分かります。

もっと出来る。

もっと成長出来る。

もっとスキルをあげれることを知っています。

最高に追い込まれた状況。

そこで人は何を想い、何を行動し、何を発言するのか?

それが出来た時、何が得れるか?

僕はそれを知っています。

出来ない言い訳をするより。

どうやったら出来るのか?

それを考える。

そのほうが素敵だし、何より自分達の未来は輝きます。

そう思います。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/08(木) 16:23:11|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yfs.blog29.fc2.com/tb.php/1067-6b039610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。