経営者を育てる経営者が日々思うこと

画期的な独立支援制度で夢見る経営者を応援する社長が1000人の経営者を育て世に輩出します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

現場。

昨年の一番厳しい時期を越え、今年は一つ一つのお店の価値を上げていきたいと思います。

つまり、一人でも多くのお客様に『ありがとう』を頂けるお店作り、人創りです。

そこを目標にしていきたい。

そこで重要になるのは『現場』だと思います。

現場力こそ、それを達成する唯一の手段だと考えます。

そこでですが・・・・。

僕の現場に出ようかと思っています。

久しぶりなので、最初は足手まといになるとは思いますが。。。。

同じ目線で物事を考え、前進する。

それをやってみたいと思います。

僕は現場は嫌ではありません。

むしろ好きです。

今まで最後までやらなかった手段ですが。

危機を乗り越えた今、拡大の戦略も取れない今だからこそ。

もう一度現場力を上げていく為に。

そして、経営者として成長する為に。

社長も社員もない。

一人の人間として。

誰よりもお店を愛し。

お客様を愛し。

会社を愛している。

そういう事を同じ目線で共有していきたいと思います。

社長が偉いわけではありません。

大きな大河も。

最初は小さな一粒の水だったわけですから・・・。

大切な事は。

ビジョンを諦めず。

その一滴一滴を増やすこと。

100滴も、1滴も同じです。

僕は15億ほどの売上の会社の経営者ですけれども。

そんな事は僕自身なんら価値だとは思いません。

僕にとっての価値は、お客様とメンバーのありがとうです。

現場での1秒が、経営者としての1秒と価値に違いがあるとは思えません。

その1秒は同じ目的に向った、貴重な1秒だからです。

僕が言いたい事はそこです。

今僕がメンバーから見れば、大河かもしれません。

でも5年前は同じ1滴でした。

次第に合流する量が増え、今に至りますが。

もう一度1滴から集めることになんら躊躇もありません。

むしろ最初の1滴こそ。

人生のビジョンへ向けての原点です。

そんなワクワクする事はありません。

始まりがあって、全てがスタートするのですから。

もう一度現場からスタート出来る事は。

5年先。

10年先の夢を達成するスタートです。

そんなに興奮する事はありません。

それが僕にとっての現場なんだと思います。

補足しますが。

会社の状況が悪くて現場に入るのではありません。

もう会社は山場を越えたから入るのです。

経営者としての仕事を捨てて現場に入るわけでありません。

経営者としての責任と、仕事をやった上です。

僕自身が、成長する為に。

それがお店の成長であり、メンバーの成長であり、会社の成長であると思うからです。





スポンサーサイト
  1. 2009/01/23(金) 11:22:14|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yfs.blog29.fc2.com/tb.php/1078-38351cef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。