FC2ブログ

経営者を育てる経営者が日々思うこと

画期的な独立支援制度で夢見る経営者を応援する社長が1000人の経営者を育て世に輩出します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地域に貢献するビジネス。

蒲田でプロジェクトを立ち上げたのが、昨年の7月。

2年間ほど空きビルで、誰もがテナントして入居しなかったビルです。

駅前にも関わらず2年間放置されたビル。

当然2年間何の収益も生まずの状態でした。

そのビルのリノベーションと、バリューアップを買って出たのが我々でした。

誰もが入居したくない、成功しないと言ったプロジェクト。

それから半年。

今ではビルへの月間来店数は1万人へと届こうかという勢いです。

横浜であるべき商業ビルの開発を志したのが、3年前。

立ち上げたのが1年前。

まだまだ未完成なビジネスではありましたが。

蒲田FDIビルも、横浜ビルも全くの販促をかけず。

ここまできました。

このビジネスも肝はテナントの運営店舗の価値です。

僕は今飲食店の現場でも働いています。

ただ給料の為に、やっているという人が多い中。

また、自分の利益の為にやっている人が多い中。

僕らのビジネスモデルは、どこを目的としているか?

恐らく今後テナントのクオリティを上げ。

広報活動をやっていけば、横浜と蒲田のビルの価値は格段に上がります。

何もなかった場所に、お客様のありがとうが溢れる場所が出来るわけです。

それは家賃収入とか、店舗の営業利益とかを超える喜びです。

飲食店の現場はしんどい。。。。

そういう声をよく聞きます。

ですが、僕は楽しいと感じます。

何故なら、マーケットに新たなありがとうの溢れるコミュニティを創りだしているからです。

そんな事が出来ますか?

何もなかったところに、お客様のありがとうが溢れ。

結果価値が上がり。

地域の人に喜ばれる。

暗かった道が明るくなった!

雑居ビルが素敵な飲食ビルになった。

あのビルに行けば、美味しい店がたくさんあるよ!

などなど。

僕らの一歩は大きな一歩だと思うのはおかしいでしょうか?

僕が目指す飲食店経営はここです。

目の前のお客様のありがとうが、どこへ繋がるのか?

そこを意識しながら経営をする。

生きている証を残す。

それが僕の目指す仕事です。

いや、仕事ではなく、これは人生です。

現場で大変な事は分かります。

毎日変わらない事に慣れてしまう事も分かります。

でもいいですか?

突き抜けないモノは意味がない。

目指す場所次第で僕らの価値も、やりがいも変わる。

世界を目指すのか?

黒字を目指すのか?

そこで努力も変わるでしょう。

負け犬のマーケットではいつまでもモチベーションは上がりません。

高いところを目指すからこそ、今のルーティンワークさえ楽しくなるんだと思います。

もう一歩。

あと一歩。

蒲田プロジェクト含め、僕らの行うプロジェトは突き抜けた先に。

自分の利益も。

欲望も越えたものがある。

そういう設定にしています。

目の前のお客様を幸せにする事は。

すなわち僕らの未来を創ること。

そして、何より地域に貢献するコミュニティを創る事。

誰も出来ないビジョンであるという事です。





スポンサーサイト
  1. 2009/04/06(月) 14:20:36|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yfs.blog29.fc2.com/tb.php/1111-e563ae21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。