経営者を育てる経営者が日々思うこと

画期的な独立支援制度で夢見る経営者を応援する社長が1000人の経営者を育て世に輩出します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

五月。

五月が始まりました。

GW中にエフ・ディー・インテグレーションとワイズフードシステムの3ヵ年の経営計画を策定しました。

中期経営計画の策定はほぼ1年ぶりかもです。。。。

前期はエフ・ディー・インテグレーションは創業以来3期連続の黒字を確保。

ですが、ワイズについては5期目で初の赤字に転落しました。

5月より物流事業の分社化により、FDIロジがスタートします。

エフディーの不動産事業については市況の回復を待っての展開で、恐らく今期にプロジェクトが動く

事はないと思っています。

今回についてはやはり直営事業部、インキュベーション事業部であるワイズフードの建て直し、

及び、物流事業会社の立ち上げがテーマとなります。

その中でも急務な問題として、ワイズフードシステムの飲食店としてのレベルアップこそ、

僕の目指すビジネスモデルの成長には欠かせないコア事業と位置づける事が出来ると思います。

ワイズの前期の反省点は、何度も言うように現場を軽視したマネジメントと、店舗展開に尽きると

思います。

今回はその負の遺産を整理するとともに、大きな展開やリスクアセットの取得は停止します。

その上で、一つ一つのお店のクオリティと活力を上げる体制作りをします。

6月より、優先事項店舗の策定と、そのマネジメント戦略、組織をたちあげます。

優先事項店舗は、銀座さらら、渋谷十郎、渋谷花どり、三軒茶屋博多屋台横丁、蒲田博多屋台市場

蒲田漁師村、横浜浜蔵、銀座ルーツの8店舗です。

それ以外の店舗についてはMBOさせます。

あと1店舗研修店舗を恵比寿に立ち上げる予定はあります。

その合計9店舗についてはマネジメントチームにおいて、店舗価値を上げるという優先事項に

則り強化していきます。

それに必要なマネジメントチームの立ち上げを5月中にします。

僕も含め、現場に近いところでのマネジメントです。

内部の人間、外部の人間関わらず、そのチームは次のステップへ行く為の必要不可欠なチーム

だと考えています。

考え方は、まず①オペレーション。

主に現場のメンバーはこの最低限のお客様を受け入れる状態を、一緒に作る。

そして、②戦略。

戦略には、、人財採用、教育、商品開発、サービス、販促、広報、管理システムなどの7項目が

入ります。

いかにこの戦略を現場に融合しつつ、マネジメントサイクルで回すか?

そこが決め手になると考えています。

あくまでも土台はオペレーション。

それがあっての戦略とマネジメントです。

全店舗上り調子だと言っても過言ではありません。

ここで気を抜くことなく、成長し続ける仕組みと組織を作る。

それが今期のテーマです。





スポンサーサイト
  1. 2009/05/06(水) 19:10:29|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yfs.blog29.fc2.com/tb.php/1130-883d76e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。