FC2ブログ

経営者を育てる経営者が日々思うこと

画期的な独立支援制度で夢見る経営者を応援する社長が1000人の経営者を育て世に輩出します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お店。

最近行ったお店です。

中目黒カシーナ・カナミッラ。

http://www.canamilla.jp/loca.html

青山のサバティーニで修行されたというシェフの作り出す、イタリアン。

白金から中目黒川沿いへ移転。

ワインセレクトも、料理もかなりのレベル。

サービスも良し。

客単価は8000円前後と思われる。

メインは山菜や有機野菜やフルーツを使った、カクテルや料理。

六本木ボン・ピナール。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13022051/

フレンチ&ワインバー。

同じく客単価8000円前後。

フランスワインが格別に安くて美味しい。

料理はフレンチと和食の融合で、これも絶品。

ワインバーとしても充分の価値。

久が原、とんかつ『じねんぼう』。

上品なとんかつ。

ボリュームも充分。

客単価2500円前後か。

最近はお金を使うのに、使う価値があるか?どうか。

それを感じながらお店に行く。

価値あるお店か。

それとも自分のお店か。

自分のお店にいけば、改善点がどんどん見える。

なので、改善すればお客様に喜んで貰える。

そうすれば、売上も上がり、利益も出る。

生きるために食事するというよりは。

仕事が飲食業関連なので

仕事=人生。

であれば、価値ある人生。

価値ある仕事をして。

喜ばれたい。

その結果自分の周りも幸せに出来ればいい。

最近思う『繁盛店』の定義。

関わる人全てが『良い店だね』と言ってくれるお店。

定量的には『働くスタッフが1週間に一度は来てくれるお店』。

最近店舗ミーティングで聞きます。

『月に2・3回は飲むと思うけど、その時に他店で飲むより、自分のお店で飲むほうがいい』と

思う人?と聞きます。

正直あまりいません。

でも僕は働く僕らが胸をはれないお店。

他店に行くと思ってしまうお店で働くスタッフが果たして、お客様に自信を持って薦められるのか?

と思ってしまいます。

お店は仕事ではなく、人生そのもの。

ではその人生を誇れないという事は、自分の人生を誇れない。

そんな人生も、仕事も、お店も世の中に必要とされていないのでは?

極論そう思ってしまいます。

自分達が行きたいお店。

誇りに思えるお店。

周りに薦められるお店。

友達にどうせ飲むなら僕らのお店で飲もうよと言えるお店を創るのが、そんなにハードルが高いと

は僕は思えない。

ハードルが高いのではなく、

誰も仕事=お店=自分の人生と感じていないだけだと思う。

冒頭に上げた良いお店。

そこにもたくさん行きます。

そして、自分のお店にもいく。

さらに、自分のお店で働く。

そのお店を関わるスタッフ全員が選ぶお店にする。

それが難しい事だとは決して思えない。

僕が今期実現したい状態は。

売上計画も、利益計画も当然あるけれど。

それは手段で。

あくまでもそういう状況を作りたい。

それを供に創り上げる人のみ残って欲しい。

そこに共感出来ない人は、何とかして降りてもらいたい。

そう考えながら、僕は自分のお店を周り、他店を周り、お店で働きます。

スポンサーサイト
  1. 2009/05/18(月) 13:20:07|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yfs.blog29.fc2.com/tb.php/1135-7fc621d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。