経営者を育てる経営者が日々思うこと

画期的な独立支援制度で夢見る経営者を応援する社長が1000人の経営者を育て世に輩出します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コンセプト

昨日は三軒茶屋の博多屋台横丁で、業態のプロデューサーである山本さんと打ち合わせ。

もう1件近くでお店出店する方向になってきたので、そのお店も業態をお願いする事にした。

山本さんは現在390店舗以上ある、扇やという焼き鳥チェーンの創業者で、その後やきとん紅とん、

唐とんなどのヒットチェーンを立ち上げられ、最近ではHYの安田さんのお店のプロデュースも

しておられる。

中州に直営店で中州屋台横丁という繁盛店を経営され、今回その業態を元にプロデュースを

お願いした。

三軒茶屋の新店舗はどんなコンセプトになるのか?

元々焼き鳥チェーンの経営者なので、焼き鳥への想いは強い。

基本冷凍の串は使わず、生の素材を串打ちして出すというスタイルに拘ってこられた。

今回もその本格派の焼き鳥をベースにした業態になるのか?

来月オープン予定です。

安田さんのお店の筑前屋敷も好調なようで、コンセプトは本当に上手だと思う。

僕らも創業より自社で業態開発をする事もあったけど、やはり素晴らしいプロデューサーと一緒

させて頂いたほうが完成度は高く、勉強になる。

業態やコンセプトはお客様やマーケットに打ち出し、分かりやすく、来店動機を掘り起こす。

本当に難しい仕事だと痛感する。

本日のいいお店です。

そんな山本社長の超繁盛店である、神谷町唐とん。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130704/13078287/dtlrvwlst/909403/

25坪で日曜休み、それでも月商1000万は越える。

本物のやきとん、焼き鳥に拘るお店。

半端なくいいお店です。



スポンサーサイト
  1. 2009/05/22(金) 15:04:45|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yfs.blog29.fc2.com/tb.php/1139-451726c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。