経営者を育てる経営者が日々思うこと

画期的な独立支援制度で夢見る経営者を応援する社長が1000人の経営者を育て世に輩出します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日の日経MJ紙。

本日付の日経MJ紙の1面に僕らの会社が出ました。

22日の公示地価の改定に伴う賃料相場の上昇を、小売・流通企業が

どのように対応しているか?という内容について、僕らの会社で

10月に竣工する横浜西口のビルのスキームが取り上げられている。

業界では珍しい取り組みなので、面白いと思われたのだろうと思います

基本的には僕らは家賃相場というより、どれだけ飲食店の売上が

見込めるか?その場合、どれくらいの固定費に耐えられるか?

その時にどれだけの不動産利回りが見込めるか?

そういう視点で物件を抑えて行きます。

この場合不動産の利回りと飲食店の投資利回り、そして内装のリース

利回りが加わり、パフォーマンスとしてはかなり高いバリューを出せる

そして、投資家、ファイナンス会社、飲食店企業の3社が共に利益を

出せる仕組みとなります。

そういう仕組みであれば、土地の取得から全ての想定利回りが

シュミレーション出来る為に、非常に固定費比率をコントロール

しやすいという事例です。

今不動産市況はバブルの様相を呈してきています。

そんな中、設備投資をして、家賃を払うビジネスモデルでは利益率が

下がり、中長期では成長軌道が落ちてきます。

なので、今はほとんど出店のほうは慎重になっています。

M&Aでの出店か?それともこういうスキームでの出店か。

普通に外食企業が飲食店のみで成長するには、今のマーケットでは

厳しい環境だと言わざる得ません。

が、我々には知恵と人財がおり、それをクリアする術もあります。

そういう内容です。

ちなみに僕はテレビ・雑誌などの取材は一切お断りしています。

日経は一番ビジネス紙としては信頼度が高い為、今回は受けましたが、

それ以外は慎重に、ほとんどのマスコミさんはお断りします。

下手な媒体に出れば、誤解を生み、僕らの本当に伝えたい事が伝わらな

い可能性が高いと考えています。

媒体のブランディングは人財採用や、公平な企業紹介が出来る可能性が

高いものに限ります。

僕が個人でフューチャーされる事や、お店が取り上げられるのは

基本的にはノーです。

企業は理念で成り立っています。

その次は人財です。

その二つの切り口なしに、僕らを表現する方法はないと思います。

本当に凄い会社になる。

なので、中途半端な媒体には出ない。

そして、その本物を求める人財が集まる会社にする。

これは経営戦略です。





スポンサーサイト
  1. 2007/03/23(金) 15:17:34|
  2. 社長日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yfs.blog29.fc2.com/tb.php/473-1eef6bed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

公示地価

公示地価公示地価(こうじちか)とは、国(国土交通省)が毎年実施する、1月1日時点の土地価格のことで、一般の土地の取引価格に対し指標を与えるとともに、公共用地の取得、国土利用計画法に基づく土地取引価格の判断基準として公表している。実際の取引
  1. 2007/03/24(土) 03:27:33 |
  2. ユヅキのブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。